無添加のスキンケアアイテムを20年ほど使用してみての感想

私はもともと肌が弱く、市販されているような洗顔料や化粧品が肌に合いませんでした。
今でこそパラベンフリーや無添加をうたったスキンケアアイテムは沢山ありますが、15~20年前はいわゆる石油系の、化粧品臭いアイテムが多かったように感じます。
私は「パラベン」という成分が入っているものが全て肌に合いませんでした。化粧水、ボディクリームなど割とパラベンが含まれているアイテムが多かったので、いつも成分表を隈なく調べてから購入していました。
CMでやっているような、いい香りの化粧水や美容液など使ってみたかったです。
無添加のスキンケアアイテムを探しては試し、20年くらい経ちました。もちろんお肌には良かったと思います。吹き出物や肌荒れもほとんどありませんでした。
ただ、お肌にはいいけれど価格が少し高めなものも多いです。40代になると、シミやしわ、たるみなどの悩みが増えていきます。アンチエイジングのアイテムは更に価格が高くなります。
ネットでも様々なアイテムが売っていますが、正直どれも似たような印象を受けます。
無添加であることを一番重視していると同時に、基礎である洗顔が大事だなと最近思います。メイクがきちんと落ちていないと肌の老化にも繋がるので、洗顔料は少しいいものを使いたいと思います。
話題の除毛クリーム【ジョモタン】の最安値情報
odun-bazar.com