小規模事業者持続化補助金はどんな経費なら使えるの?

小規模事業者持続化補助金は、販路開拓に関わる経費であれば、基本的には適用されます。
例えば、飲食店が顧客の満足度向上を図るために、エアコンを購入も経費として適用されます。
他にも、自社サービスの認知度向上を図るために、HP作成、WEB広告、チラシ作成、広告出稿など広告宣伝費なども大丈夫です。
さらには、バリアフリー化によって、メインターゲット層であるシニア世代の方が居心地よく過ごしてもらうための、内装費もOKです。
このように、新規顧客開拓のためや既存顧客のリピート率向上、満足度向上に関連するものであれば、ほぼ適用されます。
しかし、注意が必要なのは、パソコンなど事業以外でも活用できる汎用性の高い設備投資などは、経費の対象外となります。
小規模事業者持続化補助金は他の補助金と異なり、幅広く活用できる補助金となっているので、ぜひチャレンジすることをおすすめします。