学研ひみつシリーズ『切手を売りたいのひみつ』

未使用の切手を買い取ってもらいたい場合は切手を専門に取り扱う業者を訪ねるのが賢明だといえます。
どのくらいの価値があるか正しく見積もってくれますし、レアなものはきちんと見抜いて、高く買ってくれます。
金券ショップなども、珍しい切手を買い取りしますと掲げていますが、多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、評価するのは額面と現況が良いかだけで買取価格を出すしかないので価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。
通常は切手の価値はそんなに高いということはないので普通の枚数の切手を買取に出した際、税金の心配をする必要はないです。けれども、切手の中でも額面以上の高値で買い取られるものもあり、そういったものをまとめて売った場合、予想を上回る値段になって税金の申告をする必要が出てくる可能性があります。
切手を高値で買い取ってもらおうとするならばきれいな状態で汚れていない方がその分、高く売れます。
そういう理由で、良好な保存状態を保ち、直接触らずピンセットを使って切手を取り出すなど取扱いは丁寧に、保存状態は良好に保ちましょう。日常的に保存状態を気にかけて、きれいな状態を保つことが肝要です。
実は、珍しい切手の中でも、「中国切手の買取需要が高くなっている」ということをご存知でしょうか?その理由は、切手の人気が中国の中で高まっているということが背景にあるようです。
とはいえ、査定額が高額になる可能性が高いものというと、珍しい切手のうちでも文化大革命時代のものなどごく一部だけです。
さらに、切手を買い取っているという業者のうち、外国切手は受け付けていないというところもあるので、事前に確認しておいてください。
集めた切手を売ろうとするとき気になるのは一体いくらになるのかということです。
特に人気のある切手では買取プライスが高くつきやすいため一円でも高い値段で切手を売ることを希望するのなら市場でのニーズをある程度知った上で適切なプライスで買取してもらえるか否か見極めましょう。家に未使用の要らない珍しい切手があるのなら、買取してもらうために専門業者に依頼するのが賢いやり方です。買い取り額には、業者間で差がありますので高値で買い取ってもらいたければ、はじめに、幾ら位の値がつくのか鑑定してもらい、値段を比べるのがいいと思います。それだけではなく、タイミングにより相場が違いますから買取表などといったものを公開しているホームページで確認してみましょう。
紙から切手は出来ていますので実は扱いが難しいものです。とりわけ、高温、湿気によるダメージを受けやすく、買取時に価値を落とさないようにするためにも注意して保管する必要があります。
ストックリーフであったり、ストックブックであったりに入れて、日の光を避けて保存するようにしてください。また、なるべく湿気の少ない部屋に保管しましょう。切手を買い取ってもらおうと鑑定に出した後に、査定額が予想と異なっていたり、思い出のある切手だったりして、よく考えた結果、自分で所有していたいと考え直すこともあるでしょう。見てもらって値段がついてから取り消すという際にも業者によってはキャンセル料を取らないところもあります。買い取りを申し込みたい時は、依頼前に、査定するだけで料金が発生するのか否か鑑定後にキャンセルした場合、料金はとられるのかなどを確認することが重要です。旧プライスである切手を換えてもらって新価格の切手にしようという時には、その二つの差額に、さらに手数料として別にお金を払わなくてはなりません。
10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。いっそ新しく買った方が、得だということもあり、ケースによっては、切手を買い取っている業者に売ってしまう方がいいという場合もあるようです。
もしあなたがたくさんの珍しい切手のコレクションをお持ちなら業者へ直接持ち込むのではなく出張買取のシステムを使うのが、賢く買い取ってもらうポイントです。ここ数年では、切手の買取を専門としている業者もできて、さかんに出張買い取りを行っている業者も増えています。
出張買い取りの長所といえば、店に行く時間を省くことが出来て、時間をかけて丁寧に査定をしてもらえるということです。