女性の薄毛とメンタルの意外な関係!

私が10代の頃に薄毛を経験したことや現在同じ悩みを持つ友人から話を聞き、自分なりに感じたことを記述していきたいと思います。私が抱いていた女性の髪の毛のイメージは長くても短くてもつややかでふんわりとした髪の毛でそれが私自身の理想でした。しかし、その髪の毛を維持し続けることは大変です。毎日ヘアケアをしていても様々な現実と直面しなければならないときがあるからです。これは私自身も経験したことですが、女性の薄毛の悩みはメンタルにも影響するということです。
私自身高校時代に新しい環境に飛び込んだことによるストレスで薄毛になってしまいましたが、そのときは楽しそうに流行りのヘアスタイルをしている友人たちを見て色々と悩んでしまい、塞ぎがちになってしまい、早く週末にならないかなと感じたことが何度かありました。誰にも打ち明けることができなくてでも不安でそれでメンタルが限界になりそうなこともありました。そんな私を元気付けてくれたのが中学時代からの友人が自宅に送ってくれた手紙でした。それを読んで元気になり、友人に電話しているとますます元気になったのを今でも覚えています。自分1人で悩んでいるだけではなにも前に進まないのです。
こうしたきっかけをつかんだことで前向きな気持ちになり、プラス思考になりました。プラス思考になるのは、自分の考え方1つです。それからは毎日勉強や部活、友達と遊びにいくことなどすべてにポジティブな気持ちになりました。あれから数十年後、最近は私の友人たちのなかに、薄毛に悩んでいる人がいてそうした人たちと話したことによって、自分の経験を伝えることができました。彼女たちの話を聞いていると、当時悩んでいることを思い出しました。友人のなかには、「外に出るのが億劫で辛い」と話した人もいました。
そんなときに私も一時期そうだったことを伝えると、友人からは驚かれましたが、「自分がやりたいことやいきたいとこなど思いきって出かけるといいよ」とアドバイスすると友人も納得していました。私と話してから数日が経ってから友人から連絡があったのですが、「思いきって遠出してみた」や「前向きな気持ちになれた」という嬉しい返事をもらい安心しました。私も感じたことですが、「外に出たくない」や「人に会いたくない」ということは悩みを抱えていれば必ずあります。そんなときには思いきって包み隠さず、ありのままになることでメンタル上の悩みが起こりにくくなると思います。
http://box.moo.jp/