何歳からでも始められることがある

イラストレーターになりたい!そう思うようになってもう何十年たつでしょうか・・・。夢みたいなこと行ってないであなたはちゃんと勉強して、大学行って仕事に打つくのよと親に言われて従うしかなくって、そのまま数十年立っていまでは40手前になっちゃいました。
家族もいるし、住宅ローンもあるし、家族で乗るための大きめな車もかわされたし・・・もうがんじがらめの生活です。
でもそんな中で、絵を描く趣味だけは細々と続けています。もちろん家族に見られながらだとちょっとやりにくいので、コワーキングに行ってやってみたり家族のネタ太鳳にパソコンに向かって描いてみたりとか中な涙ぐましい状況ですw
せっかくなら書斎みたいなものでも欲しいんですが、自宅はそこまで広くないんで個人の部屋が持てなかったんですよね。
 
まあそれはいいんですが、とにかくイラストレーターというものへのあこがれは今でもなくなっていないんです。昔は正直言ってすごくハードルの高い未知だったんですが、最近はいろいろな方向からイラストの仕事ができる手段も増えていると聞いています。
だからこそ、会社づとめはしたままでもこっそり副業的にイラストを描いていくこともできるんじゃないのかなと思ってるんです。
もういまさらプロになるなんてことはこだわらなくてもいいので、一度でいいから誰かの依頼を受けてそのためにイラストを仕上げてみたいと思っています。夢っていつまでもかなわないと心の棘として刺さり続けてしまいますが、棘の取り方さえわかれば意外となんとかなる部分もあるように思っています。
自分は今回、イラストレーターになる夢をこれまでとはちょっと別の形で叶えてみようかと思っています。もちろんプロのイラストレーターになりたい若い人はそういう手段を使ったほうが手っ取り早いとも思いますが、それとはまた別の視点で何歳からでも始められることはきっとあるんだろうと信じています。