バケモノの横を通り過ぎた話

見てない見てない俺は何も見てない心の中で念じながら歩を進める先生そしてその顔が光っている女性のすぐ横を通った時前方の国へ向けられていた女の顔が先生と 先生のあゆみにあわせ顔がゆっくりと移動します。
無料車が完全にすれ違いになった次の瞬間耐えられなくなった先生は全速力で山道を駆け下りました。
恐怖に駆られ走り続けしばらくあと賛同が途切れ開けた日にちへとたどり着きました。
息を弾ませしばし放心する先生その肩を背後から何者かが軽く叩きました。ただし、アステッキの口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、とっさに先生は頭を抱えてしゃがみこみヒーヒー声にならないような掠れた悲鳴をあげました。
その形をさらに強く掴みおーい大丈夫か声をかけたの懐中電灯を手にした友人でした。
友人の方が早い時刻のうちに登山を断念していたとのこと日光に下山してこない先生を心配して麓のあちこちを創作してくれていたのでした。