お局上司に嫌われて

私は分譲マンションの管理代行をしている会社で会計業務を担当してました。
その部署では20代後半から30代前半の方が働いてます。
私がこの会社を辞めようと思った理由はまず直属の上司に問題がありました。
50代後半ぐらいの女性でした。
いわゆるお局的な存在で小言が多いのです。
何か気に触ることがあれば呼ばれ、周りのみんなに聞こえない程度のボリュームで小言を言われます。
以前体調を崩し、2日ほど会社を休んでしまったことがありました。
休み明けは休んでしまったことに対しての申し訳ない気持ちを持ちつつ出勤しました。
周りの人にも謝り、上司にも謝りにいきました。
その時、心配する言葉ではなく体調管理も仕事の内だ。もう若い女の子じゃないんだからその辺はしっかりしてもらわないと困ると言われました。
確かに体調管理が出来なかった自分も悪いと思いましたが、そこまで言われる筋合いはないとも思いました。
その時このままこの人のもとで働くのは精神がもたないと思いました。
会社を辞めたいと思った理由は一つではないと思っていますが、会社を辞めたいと思った時の状況的に一番大きく感じたのは、結婚をして家事との両立が難しいという事でした。
また、その仕事自体も派遣会社からすすめられて条件が良かったという理由だけだったため、自分のしたいことではなかったため、仕事のスキルアップのための勉強などが苦痛に感じたというのもありました。
同年代で話せる人や優しい仲間もいましたが、あまり全体に馴染めているわけではなく、人間関係も難しく仕事もさほど得意な事でもなく、ただもやもやと過ぎていく中、そのぼんやりとした不安がストレスとなり、手の震えやめまいなどの緊張を感じる事が増えてきました。
給与面でも恵まれており、残業も余計な付き合いもなくいい会社でしたが、自分でも気づきませんでしたが、会社を辞めたいと思った時の心情はもう限界だったんだと思います。
退職 無責任と言われた